読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・170cm目線。

見切り発車でブログ再開。食べること大好き。育児中。

【息子録】織姫さま、怒っちゃたお詫びに一度だけ飛ばせてあげて。

MySon
来週、7/7といえば・・・七夕!
息子が産まれる前はスルーしがちな日だったけど
今では園で大きな笹の葉が飾られたり
七夕にちなんだ工作をして持って帰ってきたりと、季節を感じるイベントに。

そして先日。
保育園から早速、短冊がひとり1枚ずつ配られ
覚えたてのひらがなで息子が意気揚々と書いた願い事は・・・

f:id:aikotobawa2525:20160630123919j:image

年長とはいえ、まだまだファンタジーに溢れてる(笑)
昨年までは私が代筆していただけに
一文字一文字、一生懸命書く姿に成長を感じて嬉しかったんだけど・・・
でも実はこれ、一度書き直してるんです。


f:id:aikotobawa2525:20160630123953j:image

↑ 最初に書いたのはこっち。
字は書けるようになっても、文字の大きさを統一させたり
限られたスペースに最後まで書ききるのは、まだ至難の業。
でも配られた短冊は1枚だけなので、こっちもつい必死になる訳で・・・

「なんでそんな所から書き始めんの!」
「そんなに大きく書いたら最後まで入らないって!」
「・・・もう!だからそうじゃな・・・・・・ハッ(゚д゚;)」


(;Λ;) ぽろぽろぽろ


・・・しまった、今のは言い過ぎた。。と気づけど
勢い余って、さらに問い詰めてしまう私。


「ママが怒ったから泣いてるの?」


そして俯きながら息子が言ったのは


「・・・上手に書けなかったから。」


あぁ、、、やってしまった。この短い言葉に詰まってるのは
「上手に書けなかったから(悔しくて)泣いた。」じゃなくて
「上手に書けなかったから(ママが怒って、それが悲しくて)泣いた」だ。

今は上手く書く必要なんてなかったのに。
せっかく芽生えたやる気を摘み取ってしまった上に
私が怒ったから泣いた事を言わせない空気を出してしまった。。
・・・もう、ほんと、反省。。

「・・・ママも強く言ってごめん。」
「うん、、でもどうしよう。ちょっとしか書くとこない。。」
「うーん。。。じゃあこうしよっか?」

といって絞り出した苦肉の策が、絵にふり仮名をふるっていう(笑)
我ながらひどい仕上がりに、息子も腑に落ちない顔をするものの
「これでいい。。」ともう諦めモード。。

その姿に責任を感じてしまい
先生に頼んでもう1枚もらって無事書き直したという背景が
あったのでした・・・はぁ疲れた。。
でも今になって冷静に考えると、今回怒っちゃったのは

・頭のどこかで「何でこんなことができないの?何度言っても分からないの?」
 と、息子のレベルより高い要求をしている
・のちのち「周りは出来て自分は出来ない」って思いをさせたくない

ってキモチが原因なんだと思う。

「相手は5歳児。何度も言って理解させるのが当たり前。」
「先のことより、今は本人が楽しく感じられるかどうかを重視。」

・・・頭ではわかってるのになぁ。。

 
広告を非表示にする