続・170cm目線。

見切り発車でブログ再開。食べること大好き。育児中。

【映画レビュー】「のんちゃんのり弁」は星4つだった ※ネタバレ注意


TUTAYAで「のり弁」というワードに惹かれて借りた映画が
後々調べたら、大好きな入江喜和のコミックが原作と知って
(その偶然が)ちょっと嬉しかったあいこです。

<あらすじ>
主人公の小巻(小西真奈美)はグータラダメ亭主(岡田義徳)を見限り、
娘・のんちゃんを連れて実家へ出戻る。女手一つで子どもを育てるため職を探せど
主婦歴の長い小巻に世の中は甘くなく、とうとう貯金も底をつく。
だけど状況一変。のんちゃんの分と一緒に同級生にも作っていた「のり弁」が
評判になり、お弁当屋さんを起業することを決意。
小料理屋“ととや”の主人・戸谷(岸部一徳)に弟子入りし、
オープンに向けて奮闘する一方、旦那と初恋の同級生の間で心は揺れ動き・・・


ストーリーは、シングルマザーの悩みや成長を描いたありがちなものだし
コミカル要素が多いため「離婚ってそんな甘くないんじゃ。。」と
突っ込みたくなれど。

偶然にも自分と同い年の小巻の、可愛くも自分に甘く、
ちょっと「痛い」ところは妙にリアルで、家庭環境は違えど思わず共感。。


見切り発車で子供と家を出て
スキルもキャリアもない状況で仕事を選り好みし、
初恋相手と再会して酔った勢いで(自ら)チュー・・・

しまいには、親の離婚を泣いて嫌がるのんちゃんに
「のんちゃんが大人になった時、お母さんは
 のんちゃんのために何もできなかったと言いたくない。」
と言い切ってしまう姿は、世間知らずで身勝手ともとれるけど

シングルに限らず、世の中の頑張ってる30代女子に向けて
「そんな不器用な生き方もアリなんじゃない?」と
エールを送っているような映画だと、私は感じました。

そして題名にもなっている「のり弁」は、
一見オカズが少ない手抜き弁当のようだけど
実はご飯とおかずが何層にも重なっていて、とにかく美味しそう!

その「飯テロ」の威力が、珍しく原動力になった翌朝
のんちゃん同様、のり弁が大好きな旦那さんのために作ってみました。 


◆3層のり弁◆ ←映画より何層か少ない☆

f:id:aikotobawa2525:20160722122025p:plain

f:id:aikotobawa2525:20160722122031p:plain

f:id:aikotobawa2525:20160722122037p:plain


f:id:aikotobawa2525:20160722120920j:image
 
層を見せたくて、オカズ詰める前に撮ったものの・・・この残念な層よ。
3コマ目のPOINTは、これ作った後に調べて知ったため
もし作る際はぜひ参考にしてください。(じゃないと、こうなる)

見た目はアレだけど、ご飯にたくさんの栄養が詰まってるし
箸が入れやすいよう海苔も細かくちぎったので (←映画から学んだテク)
この奥ゆかしい愛情を、きっと旦那さんは感じてくれるはず。
海苔に含まれる滋養強壮も相まって、今夜は眠れない予定です(///)
 

【材料】
ご飯         適量
漬物(今回はたくあん)適量
ごま         適量
ほうれん草      1/2把
☆ごま油       大さじ1
☆塩         小さじ1/3~2/3
☆鶏ガラスープの素  小さじ2/3
※おかずを詰めたい方は、ご自由にどうぞー


※追記
その夜はいつも通りの時間に寝ました。WHY?
 
広告を非表示にする