読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・170cm目線。

見切り発車でブログ再開。食べること大好き。育児中。

【お絵かき】「自分が甘い言う事よく分かったわ」にチクン。

illustration MySon


f:id:aikotobawa2525:20161022034643j:image
タイトルは近所の小学生に書いてもらったことにしよう


おはよございます。えーと、何だか急に寒くなりましたね。
・・・あ、どうも。立ち話がめっぽう苦手なあいこです。

保育園に通っているからか(送り迎えが皆慌ただしく)
他のお母さん方と長々立ち話する機会はないものの
「こんにちは」の挨拶だけだと何となくよそよそしい気がして
こんな感じで一言付け加えるようにしてます。(ほぼ天気のことのみ)

 

でもそんな短いやり取りでさえ「疲れた~」ってなるし
相手の返しに上手く言葉が思いつかず
笑ってすませたり、完全に逸れた回答が思わず口に出ることも。。
(「ですよね~フフフ」で締めてる人がいたら、高確率で私。)
そんな日の夜は決まって「何であんな風に返したんだ私、、」と後悔する、
要は人見知りなのです。
(ブログでそういう面を見せないようにする見栄だけは、いっちょ前っていう)


つい先日も、他のお母さんの計らいによって
初めて「ママ会」というものに参加してきたのだけど
(クラス全体に声かけて来れる人だけ集まった感じ)
当日を迎えるまでの1週間位は憂鬱で


沈黙になった時どんな話題ふればいいんだろ。。
当たり触りない会話だけで、この母ちゃんつまんね。とか思われないか。。
でもせっかくのこの機会、本音で話せるママ友がほしい!!


・・・と、どうにもこうにも頭の中はそのことばかり。
まぁ結果的には、子供なしの開放感やお酒の効果もあってか
ママ同士で年齢言い合ったり、旦那さんとの出会いについて触れたりと
ぶっちゃけトークもちょいちょいあり、気づけば5時間位経っていた程
楽しく過ごせて無事終了。


ただ、お店を出た後
帰り道が同じ方向だったお母さん方数人と帰る中で
今度ぜひ遊びにいきましょうね、仲良くしましょ、みたいな会話を
キャッキャとし合ってる方々がいたので、
それチャンスだ!と私もアプローチしたものの
何となく社交辞令で終わってしまい「言わなきゃよかったー!」と後悔。。


自分は楽しいひと時を過ごしていたけど、周りは
「一緒に話しててもつまんないなー」「歳が離れてるから話しづらいなー」とか
実は思ってたのかな。。と帰ってからクヨクヨするも


でも、もしかしたら
私の方も「社交辞令」の空気を出していたのかな、、と反省。


息子を産む前までの人付き合いを振り返ると、「広く浅く」とは真逆で
最初に「自分と気が合いそうかどうか」無意識にふるいをかけ
落としてしまった人達に対して「当たり障りなく、でも何となく壁のある」
距離感を作る悪い癖があり、それは未だ克服できてません。。


けれども
自分の「友人」と、子供を挟む「ママ友」は異なる訳で。


このまま(保育園にいるとき以外)息子が友達と過ごす機会がないと
息子自身そのうち人見知りになるんじゃないか、
情報が入ってこない環境によって、息子に不利な思いをさせるんじゃないか、と
不安を抱く一方、どこかで
「それでもいつか気の合うお母さんと出逢うっしょ」と目をそむける自分も居て
そんなネガティブ⇔ポジティブを行ったり来たりするのが嫌で
その問題から逃げていた自分に、向き合う機会となった出来事でした。


・・・そんなくだりがあった、数日後。
朝のテレビ小説『べっぴんさん』で
主人公が言ったセリフがすごくタイムリーで
状況は全く異なれど、何か胸に刺さって思わず絵を描いてしまった。
という、どうでもいい話でした。おわりっ

 

広告を非表示にする