続・170cm目線。

見切り発車でブログ再開。食べること大好き。育児中。

【有楽町】CENTRE THE BAKERY~食パンののびしろよ。

どんな枕で寝たいかと聞かれたら
可愛い女子の髪の匂いがする、
ふかふかの食パンのような弾力がいいあいこです。
(この変態食いしん坊め☆)

 

年末に旦那さんと休みを合わせて出掛けることになり、
昨年からずっと気になっていた食パン専門店
「セントルザベーカリー」へ先日ついに行ってきました。


平日でも行列が絶えないと噂は聞いていたので
戦々恐々としながら向かうと10:40の時点で凄い列!
ただよく見ると、列をなしているのはテイクアウト専用の入口で
イートイン側はすぐに入店できました・・・が!

f:id:aikotobawa2525:20161221201921j:image

 

なんと11時を境にメニューが変わる用で
私達が行ったタイミングはトーストセットorチーズトーストしか
選べないことが判明。
(だから結構空いてたのかー!)

でも今回は
「噂の食パンを何もつけずに食べたらどんだけ美味しいか」が
知りたかったので、食パンの食べ比べさえ出来れば念願達成。
早速『ジャム+バターセット/食パン2種』と『チーズトースト』を頼み
旦那さんとシェアすることにしたんだけど・・・
これが、後々悔やむことに。


注文を終えると店員さんから
「トースターをあちらからお選び頂けます」と言われ
案内された先には、ズラーっと20台程並ぶトースターが!

 

f:id:aikotobawa2525:20161221201933j:image


ひとつひとつ説明書きがあるも、とりあえず運ぶのに重たくないものをと
小さめのそれを持ちあげると、ヒョイッ!え?軽っっっ!

オシャレ家電=(実用性が二の次で)きっと重いはず、という思い込みが
見事に覆され、「ねぇトースター軽っ!やばっ!」と
騒いでいるうちに続々とテーブルに運ばれてきました。


f:id:aikotobawa2525:20161221201946j:image

瓶ごと並んだジャムにテンション上がる!
そして念願の食パンも登場し、ぁあああああ輝かしいぃぃぃぃ~

パンは3系統から「角食パン(国産小麦)」と「イギリスパン(山型)」を選び
山型はトースターへ。その間に角食をそのまま頂くことに。

まずは指先で柔らかさを確かめる・・・
ふをぉぉぉぉぉぉお!何このヤワさ。

f:id:aikotobawa2525:20161221202000j:image
 

ふんわふわの先にひそむモチッとした弾力が確かに伝わってきて
パブロフよろしく、生唾ごくん。

一口大にちぎったそれを口に含めば
優しい食感からジワリジワリと広がる甘さよ!
もうこれぞ待ってましたの幸福感!!!

そしてお次は、高級バターと呼ばれる「エシレ」を
惜しみなくのせて一口。はふぅぅぅ~~ん
品のあるミルキー感と塩気が加わって、まさに至福。

f:id:aikotobawa2525:20161221202027j:image

さらに6種類のジャムの中から
王道のベリー系を選ぶ、のせる、食べる。くぅぅぅぅ~
ずるいよ、、この美味しさはずるいぃぃぃぃ!


f:id:aikotobawa2525:20161221202014j:image

きれいに焼き色のついた山型食パンも見るからにそそり
溶けて沁み入るバターの旨みに、完全にノックアウト。

 

ただどちらの食パンもバター勢に押され、
ジャムを大して堪能できずにあっという間になくなってしまいました。。
(ジャムも味わった後の結果論だけど、バターセット/食パン3枚でも
 良かったんじゃないかと後悔。)

 

そして旦那さんが選んだチーズトーストは
思ったより主張の激しいチーズの香りに若干ひるむも(笑)
とろぉぉぉぉっとトロけるチーズと食パンの合わせ技によって
そのギャップすら愛おしくなった次第。


f:id:aikotobawa2525:20161221202035j:image
 

いやー満足。どこかに書いてあった通り
本当に美味しい食パンを作るためだけに作られたお店でした。
ちなみに食パンはテイクアウトの予約ができないそうだけど
サンドウィッチは予約可能とのことなので、参考までに。

(ただしビフカツが入ったそれは¥6000近くするから、おったまげだぞ☆)

 

広告を非表示にする