読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・170cm目線。

見切り発車でブログ再開。食べること大好き。育児中。

【後楽園】ふるさと祭り2017に行ったら、胃袋足りなかった。

 

母と東京ドームへ。お目当ては・・・『ふるさと祭り』!
昨年から母との恒例イベントになっています。

平日にも関わらず開場時間の30分前、9:30に到着すると
すでに列ができていました。
(今回は前もってチケットが手に入ったので良かったものの
前回は当日券を買うために並び、さらに入場するのに並んで
すごい寒かった記憶。)

 

王貞治の壁画を眺めながら、待ちに待った開場時間!
手荷物検査の順番がきて込み上げてくるワクワク感を抑えるも
中へ入ると広がるこの光景にテンション急上昇(笑)

 

f:id:aikotobawa2525:20170113165440j:image

 

「まずはどんぶり選手権だね!」と昨年の経験を活かしつつ、
順々に回っていくことに。

 

今年の予選や昨年の本選で勝ち抜いた15の丼の中から、母はウニイクラ丼を
私は主催者推薦の阿蘇炙り赤牛丼を購入。(¥500/杯)

f:id:aikotobawa2525:20170113172255j:image
f:id:aikotobawa2525:20170113173018j:image


熊本を応援したい気持ちも強いのか
私が行ったときはどこの丼よりも、この赤牛丼が長ーい列を作っていました。


f:id:aikotobawa2525:20170113173043j:image

洋風の炙り丼って感じで、
ほんのり生姜の効いたクリーミーなソースが何とも斬新!
お肉はやや肉厚だけど柔らかく、甘辛く煮た牛スジと高菜で
二度、三度美味しくあっという間に完食!これすごく好き!


ご飯の量は一膳弱くらいだけど、これから色んなものを食べる身としては
少し多く感じる程、一杯でとても満足でした。
食べ終わって納得の1票を投票したら、端から順々にお店巡り。

 

石川県のエリアでは、カニ・エビ・ふぐから
5貫を選べる握り寿司+日本酒のセット(¥1,000)を母とシェア。
f:id:aikotobawa2525:20170113211007j:image

我慢できなくて写真は食べ途中だけど、何とも贅沢なふぐの5貫盛り
ちなみにこの時飲んだ「竹葉」という日本酒がとってもフルーティーで
飲みやすかったので、どこかでまた出会ったときのために覚書。

 

次に「ちょいのせ市場」エリアで出会ったのが、いぶりがっこチーズ
色々食べたこの日の中で、私が一番ヒットした逸品です。


f:id:aikotobawa2525:20170113214537j:image


たまに居酒屋で見かける組合せなので、驚きはない。
でも、このお店の斜め前にある広島の日本酒専門店
お猪口一杯分のそれを買って合わせれば、旨さ倍々増!!


f:id:aikotobawa2525:20170113215220j:image

甘口の「老亀 あら搾り生酒
お店の方が丁寧に説明しながらお薦めしてくれただけあって
これもまたとっても飲みやすい!

いぶりがっこの燻製の香りを引き立て、
チーズのまろっとした後味をスッキリさせてくれる。。最高かよ!

 

さらに移動し、仙台のお店で牛タン串(¥700)
何故か1つだけ離れてるけど、そこはおきになさらず(笑)

f:id:aikotobawa2525:20170113220012j:image

母とシェアして食べました。美味しかったけどシンプルなゆえに味は予想通りかな。
ただ私が食べた1つが火の通りが明らかに甘く
食べ終わった後に昨年の肉フェスの食中毒を思いだしてしまい

「もしかしたらこの後腹痛に見舞われて、これ以上食べれなくなるかも。。」

と焦った結果・・・


f:id:aikotobawa2525:20170113220730j:image

急いでジェラート専門店へ(笑)
石川県に本店を構える「マルガージェラート
イタリア最大規模のジェラートの祭典(外国人部門)で優勝したそうで
ピスタチオのそれを買ってみたら、これがとっても濃厚!
色々食べた後の口の中が完全にピスタチオ一色、
最後の〆めにはなかなか良いチョイスでした~。

 

はぁぁ~本当によく食べた!
上記の他にも角煮まんやらあんぽ柿やらじゃこのつみれ汁やら
試食をかなり頂いてしまったので、お腹はパンパン(笑)
食中毒にはならずとも胃袋のキャパを越えて、お腹に負担をかけたのは
避けられませんでした~

 

ふるさと祭りは今週日曜まで、土日は特に混雑が予想されますが
期待を裏切らないほど美味しいものばかりなので
機会があれば参考までに。

 

広告を非表示にする