続・170cm目線。

見切り発車でブログ再開。食べること大好き。育児中。

ツレとのナニが嫌になりまして PART1

 

今朝、今週2度目の「パジャマのズボンが後ろ前」をやらかしたので
本当は前についているポケットを向井理につままれて
「子供みたい(笑)」と言われたいあいこです。いや、いい加減気をつけます。

 

そんな妄想後に聞く質問でもないですが・・・
夫婦円満の秘訣って何なんでしょうか?

育ってきた環境が違うから 好き嫌いは否めない
と、山崎まさよしも言っていますが夫婦で考え方感じ方が違っても
「それでも相手と一緒にいたいと思えるか」が
結婚生活を続ける要だと私は思います。


先日、私の知人・マミー(仮名)から伺った、旦那さん・ポコ(仮名)への悩みは
どの夫婦でも陥りそうな気がし、
不謹慎ですがそれをいつか記事に出来ないかと思いました。

そして有難いことに本人からその了承を得たので
マミーになったつもりで、3~4回に分けて書かせてもらいます。


--------------------------------------------------------------------------------------------


f:id:aikotobawa2525:20170331224404j:image

・・・きっかけは出産でした。
里帰り出産後、家族3人の生活が始まりましたが
慣れない育児と、思うようにいかない家事に悪戦苦闘する毎日。。


そして待機児童を恐れて早めに申請した保育園が内定し、
生後5カ月の子供を預けて仕事復帰へ。
時短勤務でワーキングママデビューしました。

がらりと変わった生活リズムに、1日1日をこなすのが精一杯。。
そんな状況下で、ポコから
妊娠時期からずっと我慢していた夜のアプローチが始まったのです。


当時は常に余裕がなく、「甘い新婚生活」より「睡眠」優先。。
そんなマミーの状況を変えたかったポコは、
休日に子供の面倒や家事を手伝うことで、マミーの負担を減らしました。
これには随分救われたマミー。しかし、彼が何かをしてくれる度に
「○○してあげたよー」という言い方がどうにも嫌で・・・


なんで自分の役割とせず「奥さんの役割を手伝ってる」感覚なんだろう、と。
やることが減って楽なはずなのに、ストレスは溜まる一方。
(この時に家事を完全に分担していれば、また違っていたかもしれません)


こうなると、ポコも
「ちゃんと休ませてるのに」「俺といるといつも怒ってばかり」
「夜も拒否されてばかり。。」と不満バクハツ。
・・・とうとう言い争いに発展しました。


「好きだからしたい!夫婦の大事なコミュニケーション!」
と訴えるポコと
「そんな気になれない、解決策もわからない、この話やめたい」
と耳をふさぐマミーは常に平行線。


ポコとしては
いつでもカラダを重ねて愛し合うことが「結婚の最大の幸せ」、
けれど、マミーからすれば
相手が嫌がっているのに自分の欲求を押しつけられることで
自分が『ポコ専属の風俗嬢』になったようで、ますますその気になれない


お互い譲らない日が続いたある日、ポコの提案で
ネットで同じ悩みをもつ夫婦について調べてみましたが
それを元に話し合っても、お互いが自分の考え方の押し付け合いになり
解決には至らず・・・

2人ではどうにもならないと思ったマミーは民間のカウンセラーに頼ろうとするも、
お金が勿体ないんじゃないか、そもそもこれだけ話し合って
お互い考え方が変わらないのに第3者に相談しても意味がないじゃないかと、
結局行けずじまいに。


・・・なす術がなくなった2人。
先に心の糸がプツンと切れてしまったマミーの頭に浮かぶのは


「離婚」
という言葉。

子供が喧嘩ばかりしている親を見て育つか、親の身勝手な理由で寂しい思いをさせるかの選択に自分を責め、
答えの出ないまま毎日が過ぎていきました。

 

 

・・・次回へ続きます。

 

広告を非表示にする