読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・170cm目線。

見切り発車でブログ再開。食べること大好き。育児中。

こんな決めゼリフで甘えてみるのはどうか。

Mousou

こんにちは。あいこです。

もう過ぎちゃってますが、
1月25日が「主婦休みの日」だったことをご存じでしょうか?

kotobank.jp

サンケイリビング新聞社が制定したそうで
1/25の他に、5/25、9/25と年に3回もあるんだとか!

確かに3日間とも、長期休みが終わり主婦の疲労が溜まるタイミング。
もし、まる一日休みがもらえたら・・・
「よーし明日からまた頑張るぞ☆」と士気も上がる訳で。


これはぜひオフィシャルになってほしいなぁ~
なんて思いながら、サンケイリビングのサイトを観ていたら
こんなコンテストを発見しました。

このセリフで家事を家族に頼んじゃおう! 主婦休みの日 決めゼリフ大募集!|主婦休み応援! | リビングくらしナビ


家族に家事をお願いするのに効果的なメッセージを募集する
「主婦休みの日決めゼリフ大賞」
これ、我が家のように家事分担が決められていない家族は
実に考えるべきお題だなぁ~と思うんです。

旦那さんは家族のために、毎日仕事を頑張ってくれている。
でも、例えば共働きの私からすると
「お互い働いてるのに家事は私ばかり。配分違うんじゃないかな~」と
思うこともやっぱりある。特に疲れてるときなんか(笑)


で、仮にこんな素敵な記念日がオフィシャルになったとして
実際旦那さんに頼むとしたら、おそらく
「たまにはいいでしょ。」っていうのが正直な心境、、ではあれど。

そこは相手が快く受け入れてくれる言い方をするのが
おそらく夫婦円満の秘訣、ということだと思うんです。腹の底では何を思おうと(笑)


・・・ということで
所帯のある男性陣のみなさん。目をつむって
愛する奥様が話しかけてきた姿を想像してください。

「ねぇ知ってる?“主婦休みの日”って記念日があるらしいよ」

「へぇ・・・じゃあその日は旦那が家の事やるんだ?」

「おっ 察しがいいね(笑)」

「まぁね。で、いつなの?その記念日」

「何かね、年に3回あるみたいで(笑)」

「(笑)、うんうん。」

「全部25日で、1月と、5月とー・・・9月、だったかな」

「ふーん、、1月はついこの間だったんだ。知らなかった」

「うん、でね・・・あの、私からこんなこと言うの
 ズルいかもしれないんだけど・・・」

 

※ここから先が今回応募したセリフです。※

パターン1

f:id:aikotobawa2525:20170127154421p:plain


パターン2

f:id:aikotobawa2525:20170127154614p:plain


パターン3

f:id:aikotobawa2525:20170127154747p:plain

 

ちなみに、セリフは5つまで応募出来るようだけど
もうこれでギブでした。
お時間があれば皆さんも考えてみてはいかがでしょうか。
(2/28まで。ただし応募にはユーザー登録が必要なのでご注意を。)

 

 


おまけ(会話の続きです。)------------------------------------------------------------------

「うわっ ズルい!その言い方(笑)」

「へへヘ、だめ?」

「・・・うーん。じゃあ来週の日曜、出掛けてきなよ。1月分」

「え?!いやいやいや、もう過ぎちゃってるから!1月は大丈夫!」

「・・・本当は?」

「・・・ごめんなさい、ちょっとだけ期待しました」

「素直でよろしい(笑)日曜は任せといて!」

「もう!大好き!」

 

・・・みたいな所まで想像が広がったので参考までに。 ←

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

広告を非表示にする