読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・170cm目線。

見切り発車でブログ再開。食べること大好き。育児中。

妄想・・・と、非常事態。

f:id:aikotobawa2525:20150804140806j:plain


一人暮らしを始めて半年が過ぎたころ・・・

 

ぴんぽーん。

 

「はーい」

 

「あ、すみません。隣の永山ですが」

 

「え??・・・(ガチャ)あ、こんにちはー」

 

「あの、突然すみません。これ、昨日実家から大量に送られてきて
 よかったら少し貰ってくれませんか?・・・玉ねぎ(笑)」

 

「え?玉ねぎ??(笑)・・・わっ!こんなにたくさん!」

 

「段ボールで送られてきたんですけど、当然食べきれなくて(笑)
 すいませんいきなり。迷惑は承知ですが!」

 

「ふふっ いやいや嬉しいです。
 根菜類って買いに行くと重たいので助かります」

 

「本当っすか?はぁーよかった、そう言ってもらえて。
 料理出来る人の手に渡った方が絶対良いですから!」

 

「あ、、いや、あの、料理の腕は全然・・・」

 

「(玉ねぎの袋に向かって)よかったなーお前!
 じゃあまた大量に届いたら頼りにしてます(笑)」

 

「えー?!(笑) あの、でも、ご馳走様です!」

 

 

・・・数日後、アパートの階段にて。

 

「あ、こんにちはー!買い物帰りですか?」

 

「あ、どうも。この間はご馳走様でした!今、早速使わせてもらってます。
 コショウがきれちゃって急いで買いに(笑)」

 

「おっ!じゃあこのいい匂いはもしかして」

 

「へへ(笑) 実は友達に玉ねぎたくさん貰ったことを話したら
 玉ねぎパーティーしようって話になりまして(笑)」

 

「玉ねぎパーティー!! まさかそんなことに(笑)」

 

「はい、もう大ごとです(笑) しかも私
 おもてなしとかした事ないので、いま慌てて練習してるんです。。
 もぉー どうしてくれるんですか(笑)」

 

「うわっ何かすげぇすみません!」

 

「いやいや嘘です(笑) とりあえずあとで
 実家に持っていって家族に評価頂こうかと(笑)」

 

「・・・そうなんすか。。 あの、それ、俺じゃだめですか?」

 

「・・・へ?」

 

「あ、いやすみません!俺があげといて俺が食べるとかナイですよね!
 嘘です嘘です!」

 

「なんだぁ、嘘かぁ(笑) ・・・残念。」

 

「へ?・・・え? いいんですか?」

 

「・・・あの、本当は、作りながら
 上手に作れるようになったら永山さんに食べてもらいたいなって
 ちょっと思ってました。。」

 

「・・・(///)」

 

「でもそれが試作段階になるとは予想外ですが(笑)」」

 

「いや、すげぇ嬉しいです!・・・はぁー 勇気出してよかった。
 俺、実はあの日インターホンがなかなか押せなくて。
 渡したらひくよなー玉ねぎだしなーって、家に3回位引き返しました(笑)」

 

「えぇ?!(笑)」

 

「諦め悪いっすよね(笑) でも、勝手な勘なんですけど。
 何となく、笑って貰ってくれそうな気がして。

 ・・・何か、その顔が見たくなっちゃったんですよね。」

 

「・・・(///)」

 

「へへへ(笑)」

 

 

 

・・・という流れで、永山くんと玉ねぎパーリィしたいけど
実際は、週末に前職の同期が遊びに来ることになっていて
さぁ困った。

 

何作ろう。。(._.)ズーン

 

実は遊びに来てもらうのは今回で2度目で、前回は

チーズフォンデュ
・ホームベーカーリーで焼いたパン
・茹で豚と千切り野菜でポッサム風
・かぼちゃのサラダ

と、味付けに困らない料理を極力選び
何とかその日をしのいだ・・・はずなのに。

飲んだ勢いで2回目承諾すんな自分!!!
(先日、門仲で飲んだ時の自分責めてる)

 

ということで、慌てていま
cookpadやらお料理ブログを漁っております。。


ちなみに最近、自分は病にかかってるんじゃないかと
疑っている事があり、その名も


料理鬱(ウツ)
※世間的にこのタイミングでふざけたこと書いてすみません。。


今までレシピを見ずに作っていた(数少ない)料理が
どう作っても味が定まらず、

美味しく仕上がらない → 美味しいって言って貰えない → 作る気力をなくす
→ もう6割美味しければいいやとさじを投げる


という事態に発展している中で、オモテナシするっていう。 
(いや、まず家族に謝るべきだこれ)

 

・・・非常に深刻な状況です。おわりっ

 

広告を非表示にする