続・170cm目線。

見切り発車でブログ再開。食べること大好き。育児中。

【映画レビュー】「友達のパパが好き」は星4つだった ※ネタバレ注意

先日、渋谷のユーロスペースにて
友達のパパが好き」を観てきました。

f:id:aikotobawa2525:20160121142922p:plain

 

本当は同映画館でこれが見たかったんだけど・・・
子持ちがレイトショーでエロの世界に浸りに行く訳にもいかず。残念。

hase0831.hatenablog.jp


<あらすじ>
親友のマヤから、父親のことを好きだと告白された大学生のタエコ。
一方父親はというと、愛人を妊娠させて離婚寸前。
にもかかわらず、そんな事実が明らかになってもお構いなしのマヤは
純愛を貫くのだけど、その行動に周りがどんどん振り回されていくお話。

<感想>
ストーリーはかなり非現実的なんだけど
まるで近くで起こっているかのように感じる程、それぞれの演技に
入り込んでしまいました。

諸悪の根源である、父親役を見事に演じるのが吹越満
離婚のことも、愛人との今後についても
どっちつかずの態度で何となく先送りにし
さらに、マヤのアプローチにも徐々になびいてしまう、という
本能に負けっぱなしのダメダメおじさん(笑)

でもこの映画は、そんなおじさんを
一番マトモではあるけど考えが甘いタエコの目線で観るか、
自分の恋愛感情だけで突っ走るマヤの目線で観るか、
やりきれない思いを抱える奥さんの目線で観るか、
はたまた、妊娠を素直に喜べない愛人の目線で観るか、によって
捉え方が全く変わると思うし、嫌悪感を感じる人もいるかもしれない。

私の場合、自分と同じ「奥さん」の立場で観れば
ただただ腹立たしいはずなんだけど。
若い娘に翻弄されてゆく姿が何とも滑稽で
「このおじさんバカだなぁ~」とクスリと笑ってしまった自分は
他人事として客観的に観ていただけなのか、それとも・・・
単純な男がちょっと可愛いと感じてしまう、マヤ目線で観ていたのか。。

そんな、知らない自分とも向き合えるし(笑)、
映画レビューの評価も高いようなので、個人的にはお薦めです。

・・・とか言いつつも、この映画を観終わった後の
「いけないものを見てしまった」ような気まずい空気といったら(笑)
他の方のレビューには「映画館が笑いに溢れてました」と書かれていたけど
少なくとも私は、同じ映画を観た人と目を合わすことが出来なかった(笑)

それはきっと
話に入り込んで、入り込んで、エンドロールが流れた瞬間
色々フラッシュバックされて、最終的に
「誰かを傷つけてまで本能を貫き通せば、いつか罰が当たるぞ☆」
という戒めを与えられた気がしたから。

・・・ベッキーにも薦めたい(笑)

広告を非表示にする